インプラント

インプラント

インプラントとは、歯を失った部分に失った歯の代わりとして人工物を埋入すること。
歯科インプラントでは、手術で顎の骨にフィクスチャーと呼ばれる人工歯根を埋入します。
フィクスチャーは、生体親和性が高く(アレルギー反応等の出ない)、骨と結合するという特徴を持つチタンを使用しています。
歯を失う事により、両隣の健全な歯を削り、噛めるようにしなければならないのが保険の差し歯(ブリッジ)ですが、インプラントは一切健全な歯を削らずに済みます。
ただし、一定の条件(CT等で確認する)を満たしていなければなりません。
当院ではスイスのストローマン社によるITIインプラントを使用しております。現在歯科用インプラントは全世界で100種類以上出荷されておりますが、ITIインプラントは臨床応用されてからすでに30年以上経過しており、信頼と実績があり日本のみならず世界各国で有数のシェアーがあります。

新しい治療法と従来の治療法

- 従来の治療 -

失った歯の修復法として、従来は人工クラウンやブリッジ、取り外し式の部分的な入れ歯、総入れ歯が利用されてきました。しかし、こうした代用物を口の中に確実に固定させるためには、隣の健康な歯を削らなければならないといった問題がありました。
また、従来の方法では失われた歯根までもを回復させるすべはなく、歯がなくなることによってできた顎の骨の中の空洞は放置されたままでしたので、やがてはこの歯根の喪失による空洞によって顎骨が萎縮する危険がありました。本来あるべき骨量が年月とともに大量に減少し、骨は”萎縮”した状態になってしまう場合もあるのです。これが原因で入れ歯はフィットが悪くなり、食べる喜びがなくなり、日常生活の楽しさを失うことにもなりかねません。

周りの健康な歯を削ってブリッジにします。 入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快です。 入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

インプラント治療の利点

  • 取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の入れ歯を入れることができます。
  • 取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定されますので、通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。
  • インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
  • 自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。
  • 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
    楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。
健康な歯をまったく削ることなく、歯の無い部分にインプラントを入れます。 針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます。 数本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

innpuranto

「インプラント」手術は痛くありません

インプラント埋込手術に伴う不自由さ痛みの程度、およびその継続期間は臼歯の抜歯と同じくらいと考えて下さい。
埋入手術は局所麻酔下で行います。顎骨を露出し、そこにインプラントを埋入し傷を縫合します。やがてインプラントは周囲の骨と結合し、安定します。インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。約6~24週間でインプラントは周囲の骨と完全に結合されます。その後にヘッド部を装着しますが、ストローマンインプラントでしたらこの段階での2回目の手術をしなくてすみます。
※患者さんの状況によっては、ストローマンインプラントも手術2回法を選択する場合もあります。また、インプラント手術の前に、骨を形成する為の手術が必要となる場合もあります。

step1
レントゲンなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。
※インプラント治療は専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。
step2
チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。
ドリルで骨を削ります インプラントをいれるための孔ができました インプラントを埋め込みました
step3
インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約6~24週間待ちます。
この期間、一般的にはインプラントの上に仮歯を入れておきます。
※骨の状態など、様々な条件により異なります。
step4
ストローマンインプラントなら、ここで人工の歯を取り付けます。
手術2回式のインプラントの場合はここでもう一度手術してインプラントの頭を出さなければなりません。
インプラント治療の終了後はホームケアが重要です。正しい歯みがきと半年に一度は定期検診を受けましょう。

ストローマンインプラント

ストローマンインプラントは、ITI学会(International Team for Implantology/インプラントのための国際チーム)の医学的理論に基づいた研究と助言により開発されております。
ITI学会は、生体工学、物理学、化学、外科、歯科等の専門フェロー(評議員)によって構成されたインプラント学の国際研究チームです。骨整形外科分野で50年の実績を持つスイスのストローマン(Straumann)研究所との密接な連携により、インプラント学ならびに歯科学の発展に貢献しております。
ITIフェローは、世界30ヶ国以上に渡り、約300名が活躍しております。フェローの50%は大学教授と各専門分野のエキスパートで構成されており、研究・開発・教育に成果を発揮しております。